ACLS-EPコースについて

コース概要

ACLSコースのメインテーマが、心肺停止・呼吸停止・重症不整脈であったのに対して、ACLS-EPコースのメインテーマは、ショック(全身循環不全)・呼吸不全です。ちなみに、ショック(全身循環不全)・呼吸不全は心肺停止・呼吸停止・重症不整脈の次に重篤度及び緊急度が高い病態です。

ACLSコース修了者を対象に、「心血管系」・「心拍再開(ROSC)後の処置」・「臨床薬理と中毒学」・「呼吸と代謝」の4つのテーマに関して症例ディスカッションを行うコースです。ACLSコースのようにアルゴリズムを覚えるのではなく、症例ベースに診断法・治療法のディスカッションを行います。

尚、このコースはACLSの更新も同時に兼ねていますので、ACLS更新コースを修了したことにもなります。そのため、このACLS-EPコースでは、最初にACLSコースの筆記・実技試験があります。

講習方法

救急心血管系疾患の教育において世界で最も権威あるAHAが、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている教育方法です。「心血管系」・「心拍再開(ROSC)後の処置」・「臨床薬理と中毒学」・「呼吸と代謝」の4つのテーマに関する症例について、小グループでディスカッションしていきます。

コース内容
  1. 1.ACLSの復習試験(CPR/AED実技、気道管理実技、メガコード実技、ACLS筆記)
  2. 2.心血管系症例(ST上昇型心筋梗塞、心原性ショック、右室梗塞、虚血性脳卒中、等)
  3. 3.心拍再開(ROSC)後の処置
  4. 4.臨床薬理と中毒学症例(トキシドローム、ベンゾジアゼピン系、三環系抗うつ薬、等)
  5. 5.呼吸と代謝症例(気管支喘息、アナフィラキシー、高カリウム血症、糖尿病性ケトアシドーシス、等)
受講条件、コース時間、受講料
  1. 受講資格: 過去においてAHA・ACLSコースを受講していること(有効期限は問わない)
  2. 受講時間: 1日間(約9時間半)
  3. 受講料: 20,000円
評価と認定

ACLS-EPコースはACLSコースの更新も含まれていますので、ACLS-EPコースの開始前にACLSコースの復習試験(実技評価と筆記試験)があります。ACLS-EPコース自体に実技評価や筆記試験はありません。
ACLS-EPコース修了者には、AHA公認のACLS-EPカード(認定証)がコース終了時に授与されます。(カードの有効期限は2年です)

使用テキスト

ACLS-EPマニュアル・リソーステキスト(¥17,280)です。テキストは必ず事前に購入し、事前学習されてからコースにご参加下さい。コース当日はテキストを忘れずにお持ち下さい。

オンラインストアでの購入… amazon.com, シェパード, シナジー

書店での購入… ジュンク堂書店福岡店, 丸善博多店

インストラクター紹介
  1. コースを担当いたしますインストラクターはこちらからご確認できます。

  2. インストラクターを確認 >>
お申し込み

ACLS-EPコースへの申し込みは