ACLS-EPプレコース

コース概要

ACLSコースのメインテーマが、心肺停止・呼吸停止・重症不整脈であったのに対して、ACLS-EPコースのメインテーマは、ショック(全身循環不全)・呼吸不全です。ちなみに、ショック(全身循環不全)・呼吸不全は心肺停止・呼吸停止・重症不整脈の次に重篤度及び緊急度が高い病態です。

ACLS-EPプレコースは、ACLS-EPコース(1日)受講のための予備または補助コースです。このコースはACLS-EPコース受講のために必須ではありません。希望者のみの自由参加コースですので、認定証は発行されません。以下のような方を対象とした自由参加のコースです。

・ACLS-EPコースがどのようなコースなのか全体像をつかみたい。
・ACLS-EPコースを受講したいが何を勉強すれば良いかよくわからない。
・ACLS-EPコースのメインテーマであるショック(全身循環不全)・呼吸不全について理解したい。
・バイタルサインや電解質・血糖異常の考え方について理解したい。



尚、このコースはACLS-EPコース受講のために必須ではありません。また、このコースを受講したからといって、ACLS-EPコースを受講しなければならないわけでもありません。また、何回(複数回)でも受講可能です。

コース内容

ACLS-EPコースに備えて、ACLS-EPコースのメインテーマであるショック(全身循環不全)・呼吸不全や電解質・血糖異常の病態についてわかりやすく講義し、ACLS-EPコースの症例を理解しやすいように症例ベースで講義・実技練習を行います。

このコースで提示する症例は、心筋梗塞、肺塞栓症、心不全、CO2ナルコーシス、高カリウム血症、低血糖、高血糖、などです。

尚、第22回コース(2017年9月16日)まで行っていましたACLS-EPプレコース内の「血液ガス」の講義は、第23回ACLS-EPプレコース以降はプログラムから外しております。「血液ガス」につきましては血液ガス単独の「血液ガスコース」を新設して、もっと充実したコースにいたします。

受講条件、コース時間、受講料
  1. 受講条件:どなたでも受講できます。
  2. コース時間:約4時間半
  3. 受講料:初回のみ1,000円(千円)、2回目以降は無料で何度でも受講可能です。
評価と認定

希望者だけの自由参加のコースのため、認定証はありません。

使用テキスト

指定テキストはありませんが、可能ならACLS-EPマニュアル・リソーステキスト G-2010(¥17,280)の購入をお勧めします。

オンラインストアでの購入… amazon.com, シェパード, シナジー

書店での購入… ジュンク堂書店福岡店, 丸善博多店

インストラクター紹介
  1. コースを担当いたしますインストラクターはこちらからご確認できます。

  2. インストラクターを確認 >>
お申し込み

ACLS-EPプレコースへの申し込みは