ACLSコース(新規者・更新者共通)

コース概要(G-2015準拠)

心肺停止及び呼吸停止に対する二次救命処置および重症不整脈・急性冠症候群・虚血性脳卒中の初期診療について学ぶコースです。これらの世界標準かつ世界最先端の知識と技術を習得できます。

AHA(American Heart Association:アメリカ心臓協会)のガイドライン2015(G-2015)に沿ったもので、救急心血管系疾患(心肺停止、呼吸停止、重症不整脈、急性冠症候群、脳卒中)の死亡率を下げて、予後を改善することを目的としています。現在、日本循環器学会・日本麻酔科学会の専門医試験等の受験資格に必須の要件となっています。

尚、更新者(以前にACLSコースを受講された方、有効期限は問わない)は、割引料金にて受講頂けます。

講習方法

救急心血管系疾患の教育において世界で最も権威あるAHAが行っている教育方法で、AHAが30年以上にわたる研究と経験に基づいて行われている方法です。あらかじめ予想される救急心血管系疾患の初期診療シナリオに基づき、臨床現場に直接活かせることを目的とした、小グループでのシミュレーション医学教育です。

コース内容
  1. 1.CPR / AED(心肺停止への対応)、気道管理(呼吸停止への対応)、電気的治療
  2. 2.VF / pulseless VT(心室細動 / 無脈性心室頻拍)の診断と治療
  3. 3.PEA / asystole(無脈性電気活動 / 心静止)の診断と治療
  4. 4.症候性徐脈(重症不整脈その1:徐脈編)の診断と治療
  5. 5.不安定および安定した頻拍(重症不整脈その2:頻拍編)の診断と治療
  6. 6.急性冠症候群と虚血性脳卒中の初期診療の考え方

ACLSコースのメインテーマは「心肺停止」、「呼吸停止」、「重症不整脈」ですが、当トレーニングセンターのACLSコースでは、臨床現場で遭遇する心肺停止・呼吸停止・重症不整脈のほとんどのパターンを8~10個のシナリオに凝集し、臨床現場に活かせる知識と技術を修得できるようにしております。

受講条件、コース時間、受講料
  1. 受講条件:以下のどちらかの条件を満たしていれば受講できます
  2.    ・過去においてAHA・BLSコースを受講していること(有効期限は問わない)
  3.    ・過去においてAHA・ACLSコースを受講していること(有効期限は問わない)
  4. コース時間:1日間(約11時間半)
  5. 受講料:
  6.    ・新規(初めて)の方:25,000円
  7.    ・更新(2回目以降)の方:18,000円(以前にAHA・ACLSコースを受講された方に限ります、有効期限は問いません)

当センターでAHA公認ACLSコースの資格を1日で取得できる理由 >>
評価と認定

実技評価と筆記試験があります。筆記試験では84%以上の正解が必要です。筆記試験で84%未満の場合は当日再試験があります。実技評価と筆記試験に合格されますと、コース終了時にAHA公認のACLSカード(認定証)とバッジが授与されます。(カードの有効期限は2年です)

使用テキスト

ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドラインG-2015準拠(¥7,560)です。テキストは必ず事前に購入し、事前学習されてからコースにご参加下さい。テキストの郵送を希望される方には、テキストの郵送も行っています。詳しくは、受講申し込み後に送られる受講案内をご参照ください。また、コース当日はテキストを忘れずにお持ち下さい。

オンラインストアでの購入… amazon.com, シェパード, シナジー

書店での購入… ジュンク堂書店福岡店, 丸善博多店

インストラクター紹介
  1. コースを担当いたしますインストラクターはこちらからご確認できます。

  2. インストラクターを確認 >>
お申し込み

ACLSコース(新規者・更新者共通)への申し込みは